伝わる・売れる・名刺ナビをはじめてご覧頂くあなたへ

ご縁をつなぐはじめの一歩は名刺交換.jpg

売上が上がらない名刺サンプル.jpg はじめまして、「伝わる・売れる・名刺ナビ」に
お越しいただき、ありがとうございます!

こんな経験ありませんか?
「何のお仕事をされているんですか?」と聞かれたこと。

申し遅れました!株式会社インファクト
代表の大見知靖(おおみ ともやす)です。
私は、ずっと右の写真の名刺を使っていました。
ごく普通の名刺ですよね(笑)
はい…このごく普通というのが実はとっても、もったいない事だったんです。
私が名刺交換をする時に必ず聞かれることがあるんです。
それは「大見さんって何のお仕事してるんですか?」

確かに…

“株式会社インファクト”という社名を見ただけでは私が何の仕事をしているのか全然伝わらないですよね!
私は、伝わらない名刺を使い続けることで実はもの凄くビジネスチャンスを逃していたんです。
もしかしたら、あなたもビジネスにおいて、もの凄い損をしているかもしれないんです!
まずは、下記にある「伝わる・売れる・名刺チェック」をやってみてください。

自分の仕事がお客様の何の役に立つのか

伝わる・売れる・名刺チェック.jpg名刺の役割って何でしょうか?

もちろんあなたの名前や連絡先を伝えるためのツールでありますが、社名と役職と名前と連絡先だけでは、あなたの本当の価値は伝わらないはず・・・。

まずは、ご自分の今使っている名刺を出して
左記のチェック項目を一つずつチェックしてみてください。

□キャッチコピーはついていますか?
□お客様が明確ですか?
□あなたはお客様にとって何のアドバイザーですか?
□顔写真はありますか?
□あなたは「お客様の何に役立てるか」書いてますか?
□プロフィールはありますか?
□名刺交換後にとってほしい行動は書いていますか?

 

すべての項目にチェック入りましたか?.jpg

誰に・何を伝えて・どうして欲しいのか001.jpgひとつでもチェックが入らなかったあなたは・・・
もしかしたらビジネスにおいて“もの凄く”損をしているかもしれません。

名刺をもっとも身近な販促物と捉えると

「誰に渡す名刺か?」
(ターゲットを絞る)
「何を伝えるか?」
(ターゲットが知りたい情報は何か)
「名刺交換した人にどうして欲しいか?」
(どんな行動をとってもらいたいか)

を考えないと名刺の販促物としての効果は半減します!

 

名刺にもシナリオが必要です.jpg

相手に伝わって・記憶に残り・行動してもらう.jpg「誰に」「何を伝えて」「どうして欲しいのか」という3つの要素が決まったら、それを伝えるシナリオが必要です!
シナリオとは・・・
名刺交換をする時に相手に伝える言葉。
相手から質問されるかもしれない内容。
その質問にどう答えるか?
あなたの名刺を見て名刺交換をした相手が「なるほどねぇ〜」と感じ、あなたやあなたの仕事をもっと知りたいと思ってもらえれば、ビジネスチャンスは広がりますよね! 
ですから入口から出口まで、しっかりとしたシナリオが必要ということです。

 

強みは人それぞれ!.jpg

似たような商品・サービスでも、あなたにはあなたの価値がきっとあるはずですよね?
もちろん、同じ会社でも経営者と営業職のスタッフではシナリオが変わってきますし、コンサルタントの方はひとりひとりノウハウも違えば、コンサルタントになった経緯も違うと思います。
あなたの強みをしっかり認識して、あなたの独自の価値をお客様に名刺を通して伝えることが、あなたがお客様から選ばれる、はじめの一歩となるのです! 
想いが伝わる名刺の作り方はコチラ.jpg
コンサルタントの依頼が増える名刺はコチラ.jpg
営業職の売れる人に激変する名刺はコチラ.jpg
店舗スタッフのリピーターを増やす名刺はコチラ.jpg